スポーツの秋らしく、カート画像を!

芸術の秋、食欲の秋、スポーツの秋‥

恐竜の季節は夏ですが、一年中恐竜ライフを楽しんでいるほにゅうるいからしてみれば「恐竜の秋」ですね。

そんな秋といえば、学園祭をやる学校が多いですよね。

学園祭は色んなお飲食店が出てたり、ゲームやライブや展示、講演会もあったりしますが、
気になるのが、恐竜関係のイベントがある学園祭はあるのか?というところです。

子どもの頃は恐竜が大好きだったけど、大人になるといつの間にやら卒業していた、、、
という人間が多い中、大人(大学生~)になっても恐竜が大好きすぎて、大学の学園祭で恐竜イベントをやろうという人間は、はたしてどれくらいいるのでしょうか。

実は、恐竜トークショーをやってる大学、、、あるんです!
千葉大学の「千葉大祭」!しかも毎年!

気になりますよね!?
生田晴香、潜入してきました!

パネル

千葉大学、サイエンスプロムナードでの恐竜トークショー。
学生2人が1つずつのテーマで、画像を見せながら 語りました 。

左、加藤さん。右、豊田さん。

まずは、学生学芸員である豊田さんのテーマ
「ティラノサウルスはふさふさだったの?」

テレビやネットでふさふさのティラノサウルスの想像図が出て、
恐竜に特別興味があるわけではない人間が、その通りにふさふさだと信じてしまう現象が起き、「なんだそりゃー!」と恐竜界をびっくりさせましたね。

http://kyoryu-moemoe.dino.vc/wf/story/16997776
(以前のコラム参考)

その事について、もっとちゃんとどういう事なのか説明するトークショーでした。

話も面白かったし、ティラノサウルスについてまだ誤解している人間も多いのでもっと大々的に 、いっそ校内放送でトークするべきですね。
(なかなかそういうわけにはいかなそうですが、、、)

続いては、化石友の会・恐竜倶楽部のメンバーでもある、加藤さんのトークショー
「トリケラトプスの成長を骨から見てみよう」

トリケラトプスの幼体~成体の成長について、見た目の変化など詳しく説明していました。

これについては、本当にトリケラトプスという恐竜は面白いという事がわかって きてい るんだぞ!という話で、、、

ここに詳しく書きたいのですが話が長くなるのでまた今度にします。
お楽しみに!

しかし、ティラノサウルスとトリケラトプス。

同じ時代、場所に生きた恐竜で、良い組み合わせです。
(肉食恐竜と植物食恐竜でトリケラトプス食べられてますが、、、)

テーマの組み合わせも抜群に良いですね!

これから千葉大学に入学する方は、恐竜トークショー、後を継いでこれからも続けてほしいと願うばかりです。

恐竜展示。普段はしまってあるそうです。

目の保養ですね、はい。

LAWRENCE - Motorcycle x Cars + α = Your Life. 投稿 | 編集