入口

開館20周年!という事で、
群馬県立自然史博物館企画展「超肉食恐竜T.rex」が開催中です!

こちらのティランノサウルス(Tyrannosaurus)のイベント、Episode1とEpisode2の2つのテーマに分かれています。

Episode1「ティランノサウルスの時代とからだ」は、2016年07月16日〜2016年09月22日まで開催しており、既に終了しました。

Episode2「ティランノサウルスへの進化」は、2016年10月01日〜2016年11月27日まで。(休館日など詳細は公式サイトへ。)

Episode1見てないからEpisode2行くの不安だなぁと言う方、大丈夫です。
恐竜に関わる人間はあなたの味方です。
(つまり、ドラマやアニメではないのでいきなりEpisode2から行っても大丈夫。)
ボランティアの説明員もいるので、何か気になることがあれば聞きましょう。

さて、展示内容ですが、、、
ジュラ紀からおよそ一億年。
長い時間を経て、ティランノサウルス類の系統の中で、白亜期末に「超肉食恐竜T.rex」が進化してきた様子が紹介されています。

ティランノサウルスはもちろん、肉食恐竜好きにはたまらない展示会で、たくさんの恐竜を見ることができます。

‥と書くと、よくある恐竜展だと思われそうですが、ここでは他ではなかなかできない恐竜体験をする事ができます。

なんと!
恐竜のにおいを嗅ぐ事ができるのです!!

クンクン

「野性動物は、においを発して同じ種や周りにいる他の動物に自分の存在をアピールしたり、においを嗅ぐ事で生きるために欠かせないエサや水のありかを探し、また自らを守る為に天敵の存在やエサの状態を察知している。
それでは、白亜紀の野性動物であった恐竜は、いったいどんなにおいをしていたのだろうか?」

気になりますよね!
調香師である森田洋子さんと、古生物学者がコラボレーションし、
ワニのにおいやその時代の植物(220種もの植物化石を分析!)などを元に、恐竜のにおいを再現しています。

それが体感できるのです。嗅ぐしかないですね!
この機会に群馬へ行ってみてはいかがでしょう?!

ちなみに、Episode3〜はありません。
行くなら今ですよ!

常備展も併せて見ることができ、こちらも美しい恐竜がいます。
とにかくボリュームたっぷりです。
秋のオススメイベントNo.1!是非!

展示

群馬県立自然史博物館
http://www.gmnh.pref.gunma.jp/event/5368?submenu=category
最寄駅 上信電鉄:富岡(駅から乗合タクシー)
駐車場 無料800台
住所 群馬県富岡市上黒岩
TEL 0274-60-1200

LAWRENCE - Motorcycle x Cars + α = Your Life. 投稿 | 編集