冬ですね、寒いですね。
どうも、ほにゅうるい的ほにゅうるい生田晴香です。

外は寒いのですが、そんな 時 でも心が「ポッ」と熱くなる方法があります。

簡単ですね、恐竜公園もしくは恐竜オブジェがあるところに行けばいいのです。

行って恐竜を見れば自然と興奮し、ポカポカしてくるでしょう。

ポカポカしない方は日々恐竜フィギュアを家に置いて外でもポカポカなるように訓練するといいですね。
(えっ?!いやですねぇ変な事言ってませんよ、ええ。)

さて、外で恐竜といえば愛知県名古屋市の大高緑地内に、動く恐竜がいっぱいいてくれる施設が2016年にオープンしました。

ディノアドベンチャー

「ディノアドベンチャー名古屋」
http://www.dinoadventure.jp/

約900mのコースを歩いて回るアトラクション施設です。

「恐竜がいる森を歩いて探検しよう!」
という事で、森コース内に色んなタイプの動く恐竜(恐竜以外の古生物も数体!)が場所、時代関係なくあちらこちらに生息しているとの事。

大高緑地

楽しそう…
というわけで、生田晴香行ってきました!

グッズコーナーもあります。

入り口では翼竜がお出迎え。

チケットは恐竜カードで、色んな恐竜カードがあります。
ランダムで貰えるので、何の恐竜がくるのかドキドキです。

ででんっ

今回はトリケラトプスカードを手に入れました。これは思わず全種類集めたくなりますね。恐竜コレクターにはたまりません。

入場してからは地面に恐竜シルエットがあったりと、これからの探検を期待させてくれます。

アロサウルス

お!ぼっちで居る恐竜発見しました!
まずはジュラ紀の肉食恐竜「アロサウルス」ですね。

どれもぼっちというわけではなく、
肉食恐竜と植物食恐竜がバトル中だったり…

友達同士(カップルかも?!)のお散歩中だったり…

説明パネルがあったので食べているのはメガロサウルスだと判明しました。

メガロサウルスのご飯中だったり、、、
こちらは食べられているのがトリケラトプスだからって、食べているのがティラノサウルスではありません。

そう、ここはごちゃまぜの世界です。
学術的にいちいちつっこんでいたらツッコミどころが多すぎて先に進めませんし、何よりも自分が疲れてしまいます。

「なんだあの恐竜のあの形は!ちゃんと論文見てるのか!」などとあまり神経質にならず、
子どもとか喜びそうだなぁー、と楽な気持ちで楽しみましょう。

こういうところから恐竜に興味を持って、自分で調べて詳しくなっていく人間もたくさんいますでしょうから。

道のりは一方通行になっているので(逆走NG)施設内にいる恐竜には見逃す事なく出会えます。

生田晴香が行った平日雨の日は他にお客さんは誰もいなかったので、ゆっくり写真撮りながら回りたいという方にはオススメです。

これこそティラノサウルスとトリケラトプス

恐竜の量も多かったのは良いところでした。
皆さまもぜひ!行ってみてくださいね。

☆生田晴香☆
アメブロ
http://ameblo.jp/haruru327/
ミリブロ
http://haruru327.militaryblog.jp/
インスタ
http://instagram.com/haruru327

LAWRENCE - Motorcycle x Cars + α = Your Life. 投稿 | 編集