こんばんは、ほにゅうるい的ほにゅうるい生田晴香です。

撮影は坂本さん

世界卓球の試合の様子をテレビで見ていたのですが、卓球がやりたくてしょうがなくなりますね…
というわけで、自分のオフ会で皆で卓球しに行ってきました。

いい汗かいてスッキリできますし、雨の日でも関係なしに遊べるところがいいですよね。
また開催するのでまだきた事ない方はぜひ一緒に遊びましょう。
(なんか宣伝になってしまった…)

はい、では今回の「はるるの萌え萌え恐竜」は、恐竜プラネタリウムの回です。

前回、前々回で、千葉市科学館では「わくわく恐竜ランド」という企画展をやっている、と書きました。

その千葉市科学館では時間によって色んなパターンのプラネタリウムがやっているのですが、なんと!
2018年3月24日〜9月24日まで、恐竜バージョンのプラネタリウムがやっているのです!

ティラノサウルス最強恐竜進化の謎

www.d-dpictures.co.jp

「”史上最強の恐竜”と呼ばれるティラノサウルス。 謎に包まれていた真の姿が、世界各地で相次ぐ化石の新発見と、最先端の科学解析技術から明らかになってきた。 生物の常識を覆す、驚異的な身体能力。頭脳的な狩りを可能にする、著しく発達した大脳。さらに、祖先は小さくひ弱だったことも判明した。 ティラノサウルスはどのように進化したのか。一億年に及ぶ壮大な進化の秘密を読み解いていく。」©︎NHK

恐竜の星座があります…というのではなく(鳥類除くと存在しない)、ティラノサウルスの進化を大画面の高品質CGで楽しんで学ぼう!
という感じですね。早速行ってきました。

まずは季節に合ったよくある感じの星空の話、プラネタリウムが始まります。
北斗七星や春の大三角形の話ですね。

星空の話は恐竜の話と同じくロマン溢れているので、実はこの組み合わせ、相性ぴったりなのです。
10分くらいしたら終了し、続いて「ティラノサウルス最強恐竜進化の謎」の始まりです。

ここで出てくるティラノサウルス(成体)の見た目は、昔流行った羽毛があるもふもふティラノです。
今では違和感を感じますが、ティラノサウルスはもふもふしてて欲しいと願うごく少数派の人間には嬉しい見た目となっております。

グアンロンやシアッツという恐竜を出し、ティラノサウルスの祖先の恐竜がアジアからベーリング海峡を移動してアメリカの方へ進出して行き、、、

という、どういう過程をたどってティラノサウルスが誕生したのかが学べるプラネタリウムでした。

ファミリーでも楽しめますしカップルにもオススメです。
千葉市科学館に行くなら、「わくわく恐竜ランド」と「ティラノサウルス最強恐竜進化の謎」セットで見るとより楽しめます。
是非セットでどうぞ。

タイミングよくさきっちょ恐竜を貰えましたがもう配布終了したとの情報が…

千葉市科学館HP
http://www.kagakukanq.com/

☆生田晴香☆

アメブロ
http://ameblo.jp/haruru327/
ミリブロ
http://haruru327.militaryblog.jp/
インスタ
http://instagram.com/haruru327
Twitter
http://twitter.com/kyoryu_haruru

LAWRENCE - Motorcycle x Cars + α = Your Life. 投稿 | 編集