こんばんは、ほにゅうるい的ほにゅうるい生田晴香です。

ついに「恐竜博2019」!
始まりまして、抽選で参加できる特別講演会に参加などもあり2日連続で行ってきました。

エリアごとにテーマがあったので、それぞれはまた詳しくやるとしてサラッと見ていきましょう。

「恐竜ルネサンス」エリア

ジュラシックパークのラプトルのモデルとなった「デイノニクス」がメインで展示されています。

デイノニクスを発見、研究したオストロム博士は、これまで考えられていた恐竜変温動物説を恒温動物だという「恐竜温血説」や、「鳥類の恐竜起源説」などで当時の恐竜の生物学や進化の常識を大きく変えました。

恐竜に羽毛が生えていた!イクメン恐竜がいた!など、50年でここまで恐竜像は変わったという展示がされています。

「ベールを脱いだ謎の恐竜」エリア

大きすぎる前あししか見つかっていなかった「デイノケイルス」がメインで、世界初公開の実物化石、全身復元骨格が展示されています。

新たなるデイノケイルス化石の発見でわかったことも多く、今回1番インパクトがあった恐竜でした。

前あしをついてまるで寝そべっているかのような肉食恐竜タルボサウルスには、感動して泣きそうになりました。

「最新研究からみえてきた恐竜の一生」エリア

子どもの恐竜や卵、巨大な足跡化石があり、ロミオとジュリエットと呼ばれるカーンも…ロマン要素満載です。

「むかわ竜の世界」エリア

北海道で全身の80パーセントが見つかった「むかわ竜」全身実物化石と全身復元骨格がついに東京でお披露目です!

北海道に行かなければ見られないのかなぁ
と思っていたので、来てくれて嬉しいですね。素晴らしい!

「絶滅の境界を歩いて渡る」エリア

ティラノサウルスがいる時代に大量絶滅がありました。絶滅前後の生き物や植物化石を比べる事ができます。

「これからの恐竜学」エリア

鳥類でこんな事がわかっている、この先はこんな事がわかっていくかも、という展示です。

こんな事とは?と、気になった方はぜひ恐竜博2019へ行って自分の目で確かめてください。

大人気すぎて人は多いです。土日は1時間以上は待つこともあるし、お土産コーナーはその倍待つこともあるという覚悟はしておきましょう。(事前に暇つぶしアイテムを持っていくなど)

恐竜博2019

会期:2019年7月13日(土)~10月14日(月・祝)

休館日:7月16日(火)、9月2日(月)、9日(月)、17日(火)、24日(火)、30日(月)

開館時間:午前9時~午後5時(金曜・土曜は午後8時まで)
※8月11日(日・祝)~15日(木)、18日(日)は午後6時まで
※入場は各閉館時刻の30分前まで

会場:国立科学博物館(東京・上野公園)

HP:

☆生田晴香☆

インスタ

http://instagram.com/haruru327

YouTube「生田晴香の恐竜わっしょい」

https://www.youtube.com/user/kyoryuharuru

添削
suzui

LAWRENCE - Motorcycle x Cars + α = Your Life. Post | Edit